HOME>オススメ情報>言語習得の手段は独学で学ぶか大学や短大または専門学校で学ぶか

独学で学ぶ

ゲーム製作

独学でゲームプログラマーになるには、絶対必要になるのがプログラミング言語の学習です。ゲームプログラマーは資格は必要ありませんが、幾つかのプログラミング言語を身につけなければいけません。学習するプログラミング言語は自分が開発したいゲームの種類で変わります。言語のC言語やC++は主に家庭用ゲームを開発するためには欠かせません。また言語のJavaとObjective-C、Swiftなどはスマートフォン向けのアプリゲームを開発したい場合に必要です。そしてJavaとHTML5、FlashとRubyなどはパソコン向けのソーシャルゲームを開発したい場合に学ぶ必要があります。

大学と短大や専門学校で学ぶ

ゲームする人

ゲームプログラマーになるには言語の学習が必須ですが、ゲーム開発に使うプログラミング言語の習得は容易ではありません。そのためプログラミング言語の学習は大学や短大の情報科学系で学ぶことをお勧めします。将来プログラマーを目指したときに大卒や短大卒と言う学歴は大いに役に立つでしょう。しかしより専門的な知識を身につけたいと思うなら専門学校への進学をお勧めします。ゲーム業界への就職は常に即戦力の人材を必要としています。専門学校なら即戦力として対応可能な専門知識を回り道なしに学ぶことができます。

ゲームプログラマーとしての仕事とは

ゲーム製作

ゲームプログラマーになるには開発に必要なプログラミング言語を、独学で学ぶ方法や大学や短大で学んだり専門学校などで学ぶと言う方法もあります。念願かなってゲームプログラマーになったとき、感じるのは常に開発する気持ちと新しい技術を保ち続ける気持ちの大変さです。環境の変化が早い世界とも言えるので、常にゲームプログラムを組み上げると言う姿勢は崩すことはできません。ここでの仕事の流れはゲームクリエイターの企画を基にシナリオとシステムが決定します。その背景などをイラストレーターやゲームデザイナーが描き、この時点でゲームクリエイターとしての仕事が始まります。

広告募集中